あそぶ

実のなる木がいっぱいのわんぱく山、熱中症を気にせず遊べるシェードつきの砂場、生き物の様子を観察できるビオトープ(2021年12月完成予定)、大きなデッキテラスで園庭とつながった園舎…。

 

ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンは、「非認知能力」の優劣が、その人の収入や社会生活の豊かさを決定づけることや、「非認知能力」は5歳までの幼児教育によって大幅に向上するが、その後の伸びは鈍いことなどを、明らかにしています。

 

子どもたちは、いつまでも遊び続けたいと思うような環境のなかで、しっかり遊びこむことで、好奇心、想像力、社会性、コミュニケーション能力といった「非認知能力」が高められ、小学校以降においても、自主的、積極的に勉強に取り組む姿勢が育っていくのです。

 

砂場でどろあそび
砂場でどろあそび

理想の環境づくりを目指して

 

「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」。アメリカの作家、ロバート・フルガムの言葉です。

 

フルガムは、「何でも分け合うこと、ずるをしないこと、ちらかしたら自分で後かたづけをすること、誰かを傷つけたらごめんなさいと言うこと、不思議だなと思う気持ちを大切にすること…」と、砂場での学びがもたらす意味について記しています。

 


年長さんになって、2時間でも3時間でも、お友だちと一緒に砂場で遊べるようになった子どもは、本当によく成長しているといえます。

 

なぜなら、それだけたくさん遊ぶためには、お友だちと協力したり、トラブルを解決したり、新しい遊びを生み出したりしないといけないからです。

 

こうやって大きくなった子どもたちは、将来たくさんの問題にぶつかっても、自分で考え、自分で道を切り拓いていけるようになるのです。

遊んで、遊んで、遊びこんで、子どもたちの生きる力が育ちます。

 

だから、月隈こども園では、よく遊ぶことができる環境を用意することが、最も重要と考えているのです。

実のなる木
実のなる木

のびのびとあそべる環境